《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。
レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。

 

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。

akasaka restaurantはここへ
akasaka restaurantの最新情報
http://restaurants.andaztokyo.jp/en/andaz-tavern-dining/



《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:01 10 2017

赤ちゃんの味覚はまっさらな状態なので、
何を食べても食材はわかりません。

でも、
おいしいものはクチをあけてどんどん食べます。
なので
赤ちゃんには
いろいろなおいしいものを食べさせるべきなんですよね。

おいしい味覚をたくさん覚えれば、
それだけ好き嫌いもなく育っていくだろうし、
ママが作る「家庭」の味がしっかりしていれば、
それだけ、
子どもは食に対して豊かな人間になっていくと思うんです。
家庭の料理って日々食べるものですからね。

でも
子どもには
何が何でもママの手作り料理を…
という必要はないと思います。

レトルト食品、ママの手作り料理、レストランの料理…
それぞれを食べ分けられるように、
いろいろなものを食べていいわけです。

いろいろな料理を偏らずに食べさせてあげる…
そこから味覚が育ち、
大人になって好き嫌いの少ない豊かな人になれると思います。

そう考えると、
学校の給食ってすごいですよね。
ひと月の献立を栄養士さんが考えて、
ダブらないようにいろいろな料理が出てくる…

もし苦手なものがでてきても、
周りの子どもがおいしそうに食べていたら、
それにつられて一クチ食べ、おいしさに気づくこともある…

家庭でも同じように、
子どもの苦手なものでも、
料理として食卓に出してもよいと思います。

父母がそれをおいしそうに食べれば、
子どもが興味を持って食べるかもしれません。
ママが苦手な食べ物も、
時々食卓にのせるよう努力しましょう!

食事中も黙って食べるのではなく、
「これおいしいね」なんて会話をしながら、
楽しんで食事をすることも大事!

「食」に関心を持つことが
「食」の豊かさにつながるんですよね。