《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 レーシックの手術におきましては、角膜の形をレーザーを使用し次第に調整をしていくことになります。
目に入ってくる光の屈折する角度を調節していき、視力を矯正するという手術方法なので角膜は非常に重要な部分となります。
レーシックの手術をすることの出来ない場合というのは、角膜の厚みが足りない方が挙げられます。
自分の角膜は事前の検査によって知ることが出来るので特に問題はありません。

 

レーシック手術では角膜をレーザーで削った後だったとしましても、十分な厚みが残っていれば再手術が可能となります。
この角膜の厚みが十分にあるかどうかということを、クリニックではしっかりと検査してくれます。

オメガ3
オメガ3
http://www.suplinx.com/shop/g/g071-01661/



《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられないブログ:15 10 2017

私自身の経験からもそうなのですが、
ダイエットって根性や忍耐は不要だと思います。

実際、根性入れて
日々限界まで柔軟して、
汗ダクになって立てなくなるまで走りこんで、
そして一汁一菜の食事もしくは断食をして…
なんてダイエットってどう思います?

そりゃ、これだけやれば
体重なんてあっという間に減るでしょうね。

でも私は、こんな風に一時的に爆発的に行なうものを
「ダイエット」とは言わないと思います。

だって、何かのイベントに合わせて痩せて、終わったら元に戻って…
なんてダイエットではないですよね?

根性や忍耐で爆発的に頑張って、急激に痩せたものは長続きしません。
長続きさせたらそれこそ肉体の限界を超えて、体質を壊すだけです。

体質を壊すダイエットなんて、私はしたくもありません!

例えば、夜中に食べても、
30%脂肪吸収率が上がるだけです。

その30%余分に吸収した体脂肪は
明明後日以降のどこかで挽回すればいいだけの話なので、
「夜中食べちゃったからダイエットできない」
ことはないのです。

事実、私の夕方食時間は、
ほとんど23時10時〜12時です。
こんな生活でも半年で7KG落とせました。

世の中のダイエット法の「これはダメ!」と言うのも、
「これをやったらダイエットは失敗」
というのではなく、
「こうした方がベター」
と言った程度のものなのです。

数ある禁じ手を守らなくても、ダイエットはできます!

だから
「これをやっているから、私にはダイエットは無理」
なんて考えないで、
「じゃあ他の方法を考えよう」
と言う具合に発想の転換をしましょう!